« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月 アーカイブ

2017年01月02日

スパイス

喫茶店に行ってコーヒーを注文すると、シナモンスティックがついてくることがありますね。
時々、あれをこっそり持ち帰ったり・・・してませんか(笑)?

シナモンスティックって使い方に困るという方も多いようです。
ところがこのシナモンスティックは意外な料理などにも使うことができるし、
ちょっとした時に利用するとオシャレな雰囲気を醸し出すことができますよ。

私はチャイ・ティーが好きなので、シナモンは絶対常備。
ありすぎるくらいありますが、それでもお店からこっそり・・・とかやります、むごむご。。

さてそのシナモンスティックですが、
スプーンとして使った(!!!)シナモンスティックは香りがでなくなるまで何回かは再利用することができます。


さすがにお店ではお客様に出すわけにはいかないと思いますが、
自分で利用する分には気にしないで良いと思います。
ただし、濡れた状態で放置するとカビが生える可能性があるので注意ですねー。
水洗いしたあとでしっかりと乾燥させましょう。


あるいは、濡れていない部分だけを折って再利用しましょう。
香りがなくなってきたら、スパイスとして煮込み料理に入れても良いですし、
アイスなどに刻んで混ぜても美味しく食べられるはずです。

何度でも使えるシナモン、大好きなんだなーー。

2017年01月23日

薬剤師の本音

医療関係の仕事、薬剤師をしています。新卒薬剤師とでもいうんでしょうか。
今の職場でなかなか本音が言えなくて困っています。
先輩の薬剤師には正直あきれてしまうことが多くあるのですが、上司にはちがいありませんので、下の私がとやかく意見を言うことができないのです。
彼はとにかく間違いが多いのです。
彼の少し上の薬剤師の監査は入るのですが、その人もいつものことだといった顔をして、何も注意をしません。
明らかに私のような経験があまりない薬剤師からしてみても、それは違うのではないかと思うような調剤をするのです。
時々、ふざけているのかと思うほどで、そんな時私は口を挟むのですが上司はあまり胃にもしないで「違ったか?」と一言。
自分の仕事よりも、彼のことが気になってしまって仕事になりません。
監査は薬剤師の仕事でもあります。
言葉は悪いですが、ボケているのでは?と上司を見る目が当初よりも変わってきています。
今まで患者さんに被害がなかったことのほうが不思議でなりませんね。
監査が注意する前に、責任をもって調剤をしてほしいと思うのです。
私が薬剤師になって、現場がこれですから嫌になってしまいます。
本音をいってしまえば、上司は要らない薬剤師と言うことですね。

About 2017年01月

2017年01月にブログ「激務に追われる看護師の哀れな日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38